築10年を経過した住宅で
				確認しておきたい外壁の劣化症状

住宅は築10年を経過すると至るところで劣化が生じます。特に外壁や屋根などの場所は、紫外線や雨の影響により劣化が急速に進む傾向にあるのです。リフォームの時期を見極めるためにも、外壁の劣化症状を確認しておきましょう。

モルタル外壁の劣化サイン

色あせ・変色

劣化の初期症状に外壁の色あせや変色が見られます。この症状は美観性を損ねるため、劣化症状として判断がしやすいでしょう。色あせや変色が起こると、塗料の性能が機能していないという証拠にもなります。

ケやカビなどの発生

外壁の日が当たらない部分や、湿度の高い場所にはコケやカビが発生します。防カビ機能や防汚機能といった塗料の性能で、コケやカビの発生を食い止めることが可能です。モルタル壁にコケやカビが発生すると、塗料の性能を著しく低下させてしまいます。

チョーキング

外壁を手で触れて、手のひらに白い粉が付着していたらチョーキングが進行している証拠です。チョーキングは塗料が劣化し粉化することで生じます。チョーキングの症状が見られたら、外壁のリフォーム時期と判断して良いでしょう。

塗料の剥がれ

塗料の性能を完全に失ってしまうと、浮きや剥がれといった症状が見られます。そのままで放っておくと住宅の耐久性を著しく低下させてしまうため、早急にリフォームする必要があります。

劣化が進むことで起こる症状

雨漏り

防水効果が失われる

外壁が担う最も重要な役割に防水が挙げられます。住宅の美観性や耐久性は、防水効果によって成り立っていると言っても過言ではありません。塗料の劣化により防水効果が失われると、雨などの水分が住宅内部に侵入してしまうのです。

壁のひび割れ

壁のひび割れ

外壁の塗料が剥がれてしまうと、外壁自体にひび割れを起こすようになります。ひび割れによって外壁にすき間ができることで、冷暖房によって快適な温度に調整された空気が隙間から逃げてしまうのです。そのため、光熱費が高額にかかってしまう恐れがあります。

壁の修理

外壁内部への影響

ひび割れした場所から、水や湿気が侵入することで、外壁内部に大きな影響を与えてしまいます。特に、外壁内部に木材を使用している場合、腐食により外壁が倒壊する恐れがあるのです。

家の傾き

住宅が傾く

住宅内部の木材が腐食して耐久性を失ってしまった住宅は、傾いてしまう場合があります。家屋の二次災害の可能性も高まりますので、早急に改修を行なうことが求められます。

このような事態にならないためにも、適切なタイミングで外壁塗装を施す必要があります。外壁リフォームを施すことは、安全性を確保するためにも重要なのです。リフォーム業者の点検サービスなどを利用して、住宅の状態を把握するように心がけましょう。

外壁リフォームで知っておきたい
				モルタルとサイディングの違い

モルタル外壁とは

モルタルとはセメントと砂を水で練り混ぜて作る建築材料を言います。強度があり耐火性にも優れているため、多くの住宅で使用されています。しかし、乾燥に弱い一面もあり、ひび割れといった症状や発生しやすい材料です。外壁の他にも、レンガやタイルの接着剤として使用されることがあります。

サイディング外壁とは

サイディングとは、外壁に貼りつけるタイプの外壁材です。サイディングボードの多くは金属板や石綿セメント板が材料となっています。 防火・耐水効果に優れており、軽量設計がされているので耐震性能も高い特徴があります。サイディングはデザインの種類も豊富にあるので、和風建築にサイディングを取り入れることで今風の住宅にリフォームが可能です。

モルタルとサイディングのメリット・デメリット

サイディング

メリット
  • ◯一般的にモルタルと比べて重量が軽い
  • ◯外壁内部に空気層ができるので通風が良くなり、外壁内部の湿気がたまりにくくなる。
  • ◯商品によっては見た目が華やかになる
  • ◯工期が短く、割れも少ない
  • デメリット
  • △コーキング(サイディングの端部などのつなぎ目に施工するもの)のメンテナンスが必要(コーキングの耐用年数が短くなる)
  • モルタル

    メリット
  • ◯防火性・耐久性に優れている
  • ◯R状の外壁建物の色々な形に追随しやすい。
  • デメリット
  • △通気性がサイディングに比べて悪い。
  • かつては住宅の多くでモルタル外壁が使用されていました。しかし、近年ではメンテナンスが簡単でデザインの種類が多い、サイディング外壁へのリフォームを施す人が増えています。一般の塗装店ではサイディングリフォームに対応していないケースが多いので、総合的なリフォームに対応できる業者を利用すると良いでしょう。

    外壁リフォームの種類を知ろう

    塗装のはけ

    外壁塗装

    スタンダードな外壁リフォームとして外壁塗装が挙げられます。費用が安く工期も長くないので、手軽にリフォームできるのが特徴です。塗装を施す前に外壁洗浄や、補修を行ないます。外壁の状態が色あせやチョーキングといった劣化の初期症状であれば、外壁塗装だけでも修復が可能です。 外壁塗装は使用する塗料によって効果や費用が異なります。住宅環境に適した塗料を選ぶことで、優れたパフォーマンスを発揮するでしょう。

    塗装のはけ

    サイディングなどの重ね張り

    外壁の上にサイディングや、タイルを貼りつけるリフォーム方法もあります。既存の壁に外壁材を重ねるので、断熱性や遮音性が高まるメリットがあります。軽量設計が施された金属板のサイディングボードを使用することで、住宅にかかる重量の負担も大幅に軽減できるでしょう。 タイルやレンガも耐火・耐震に優れ、かつ軽量設計がされている材料が多く登場しています。外壁塗装に比べて、デザインの種類が豊富であることも魅力の1つと言えるでしょう。

    サイディングの壁

    張替え

    張替えとは外壁の下地を取り除き、モルタルやサイディングを1から施工し直すリフォームを言います。老朽化が進んだ住宅でも骨組みから修繕が施せるので、住宅の寿命を延ばすことができるメリットがあります。外壁塗装や重ね張りと比べるとリフォーム費用が高額になりますが、屋根のリフォームを一緒に行なうと足場の設置が1度で済むので費用を安く抑えることが可能です。そのため、住宅の大規模改修を検討している人は、張替えリフォームを検討すると良いでしょう。

    TOPBUTTON